小鹿田(おんた)焼きのおいしい時間

2013年06月18日

日曜日、妹たちと芦屋にお出かけして
スペースRというカフェのイベントに行ってきました。

「毎日つかう、おいしい器」展
2013年6月8日(土)−6月23日(日) 11:00−21:00
(最終日は16:00まで)
会場 Gallery R TEL:0797-38-2949
兵庫県芦屋市茶屋之町1-12スペースR3階

P6161963.JPG

大分県日田市の焼物、小鹿田(おんた)焼きの展示販売です。
(この漢字で「おんた」とは読めないよねぇ〜)

期間中の日曜日に、この小鹿田焼きの器を使って
おいしいお料理をいただけるイベントがあります。

おいしい器、梅しごとの時間 6月9日(日)済み
おいしい器、おやつの時間 6月16日(日)済み
おいしい器、おかずの時間 6月23日(日)

そして、この二回目の「おやつの時間」に参加してきました!

いやー、もう、なんていうか、
「贅沢なおやつの時間」でした。

美味しいチーズケーキに、淹れたてのコーヒー。

P6161971.JPG

今日のために特別ブレンドですって。

P6161979.JPG

小鹿田焼きのうつわは、ぽってりしたかんじで
柳宗悦が提唱した「用の美」という言葉が
ぴったり似合う器です。

そのままより、料理をのせたほうが
断然、美しいのです。

そこに、手を尽くされたチーズケーキがのって
丁寧に一杯ずつ入れてもらったコーヒー。

とっても優しい時間でした。

チーズケーキは、須磨でお菓子教室をされている
「ACUSU」さん作。
(ACUSU=あくしゅと読むのです。かわいらしい〜)

P6161974.JPG

コーヒーは、阪急六甲駅近くの「六珈」さん。
ビーカー使ってた!(笑)理科の先生を思い出しましたよ〜。

P6161969.JPG

チーズケーキは三種類だったのですが、種明かしで
同じチーズを使ってました〜、とか言われても
すぐには信じられないくらい、ぜんぜん違うー。凄すぎです・・・

P6161966.JPG

初めに出てきたチーズケーキはこの美味しさになるまで
3日寝かされたという・・・愛情が半端ないです。

P6161968.JPG

胡桃とピーカンナッツの底生地が、ぴったりでした。

P6161975.JPG

そして、スフレチーズケーキと、とろとろレアチーズケーキ。
別々で食べても美味しいのですが、スフレの上に
とろとろをのっけると、「んんん〜!」
もうなんていうか、劇的に味が変わって、感動ものでした。

P6161980.JPG

ケーキのサイズも大きすぎず、小さすぎず、
ちょうどよい大きさで、「口福」とは、まさしくこれだと思いました。

おもしろーい!たのしーい!おいしーい!

temppic.jpg

小鹿田焼きを扱っているお店「CAMINORUTA」さんが
企画してくださったイベントですが、参加できて
本当によかったです。

P6161989.JPG

スペースRにはいけないなぁ。という方は、ネットショップ
CAMINORUTA、みてくださいね。
(ちょこちょことイベントに参加されてるみたいなので
 ぜひ、手にとってみてほしい〜)

きっと、お気に入りの普段使いの器に出会えると思います。

CAMINORUTAの「きゅう」さん、笑顔の優しいかわいらしい方でした!

P6161964.JPG

また会いたいなぁ。


posted by 慧 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のまなざし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。